ポスレジの可能性は美容室にまで広がります

ポスレジは飲食店やコンビニなどで活用される在庫管理システムですが、美容室のようなサービス業へも活用されています。在庫管理とは異なり、サービス向上と顧客管理における様々なデータ収集と分析ができる点で注目されています。まず予約管理において、効率良く行うことで利益率の向上につなげることができます。さらに顧客ごとに異なるサービス提供をデータ化することで、パーソナルデータとして活用できるようになります。これは担当者が変わっても、同じサービスや施術を行えるメリットになります。さらにしばらく来店が無い顧客に対しても、DMを発送するといった宣伝活動も行えます。リピーター確保における活動を漏れなく行えるというわけです。さらにサービス向上やスタッフの指導教育といった面でも活用できます。

強力な顧客管理として活用できます

サービス業へと活用されるポスレジは、美容室でも大いに利用されるようになっています。売り上げの集計や予約管理といった煩雑な作業を自動化できるのもメリットですが、大事な顧客管理をデータ蓄積という形で行えます。顧客それぞれの施術や提供するサービス内容を管理することによって、担当者に頼らない安定したサービス提供が可能となります。さらにリピーター確保のための宣伝活動も漏れなく効率的に行えるので、スタッフの負担を軽減させることができます。長くお店に足を運んでいない顧客に対しては、DMを送るといったアプローチをすることができるわけです。必要があればキャンペーンを行うことで、新たな顧客開拓も可能となります。どのようなサービスが売り上げにつながるのかも、データを分析することで導き出すことが可能です。

店舗の運営にも活用し役に立ちます

美容室の運用に関しては、トライアンドエラーによって利益率を高める必要があります。どんなコンセプトにすれば良いのか、顧客のターゲット層はどのように設定するのかを模索するわけです。ポスレジを活用すれば、そのような分析も簡単に行えます。例えば来店で多いのはどのような年齢層なのかを分析することで、必然的に提供するサービスや使用する薬剤なども変わります。顧客は年齢層によって抱える悩みも異なります。そこでどのようなサービスを行えば良いのかも明確になります。新規顧客開拓のためのチラシ配布も、その反響率を測定するために利用することもできますし、どんなサービスを充実させれば良いのかも定まります。このようにデータを活用することで、次第に業務を効率化させることができます。