美容室でのポスレジ利用法にはこんなものが

コンビニなどで多く導入されるポスレジですが、販売商品をあまり置いていない美容室でもその機能を活用することができます。会計時に会員カードを読み取ることで、様々なデータ入力と分析を行うことができるからです。まず顧客の来店サイクルを分析することで、適切なキャンペーンを行う必要があるなどの戦略を立てることができます。長く来店していない顧客に対してはDMを発送するといったフォローも行えます。新規顧客の開拓よりもリピーターの確保が重要な単において、大いに活用できるわけです。顧客管理の他に店舗運営における方針を定めることにも役立ちます。来店のサイクルを分析することで、どのようなサービス提供を行うべきかを分析できます。例えばキャンペーンを行うことで、どれほどの集客効果があったのかを把握できます。

顧客管理とリピーター確保に役立ちます

飲食店などと異なり、サービス業となる美容室ではポスレジも独自の活用をしています。まず顧客管理に関しての様々な機能があります。会員カードとの連携によって、顧客それぞれの来店サイクルを分析することが可能です。その上で最後に来店してから日数の経過した顧客に対して、DMを送るといったアクションを起こすことができます。さらにサービス提案を行ったり、その結果来店につながったか否かの分析も行えます。このように細かくデータ分析を行い、結果を蓄積することで、リピーター確保にはどのような活動が効果的なのかを導き出すこともできます。適切な顧客のフォローができる点で役立つことが分かります。さらにDMの発送に関しても、どのようなデザインが効果的なのか、反響率を測定することも可能です。

店舗運営にも役立つデータ分析が可能です

美容室の運営には様々か知識が必要ですし、そのためのノウハウもあります。ポスレジを活用することでそのノウハウを培うことも可能です。チラシを配布して集客した場合、そのチラシを持参してもらうことでチラシの反響率を調べることができます。どんなデザインが最も効果的なのか、配布サイクルはどの程度が最適なのかも分析できます。またキャンペーンを行うことでどれほどの効果があるのかも算出できます。値引きはどこまで行えるのか、どのくらいの頻度が良いのかも分析できます。さらに年齢層に応じて適するサービス提案の種類といったものを分析することも可能です。あるいはターゲット層を何歳くらいに絞れば、効率良く利益率を高めるのかも分析から導くことができます。その結果お店のコンセプトの策定にも反映することになります。